プレスリリースを出す
意味と効果とは?

プレスリリースを出す意味とは、自社の商品やサービスを、より広く世の中に知ってもらえることです。
そしてプレスリリースを出す効果とは、配信を続けることで人の目に入りやすくなり、興味や関心を抱いてもらうチャンスを自ら増やせることです。

プレスリリースを出す
意味と効果とは?

なぜ世の中の企業や団体は、プレスリリースを出すのでしょうか?

プレスリリースを出す意味

なぜプレスリリースを出すのか?それは、自社の商品やサービスを広く世の中に知ってもらうためです。自ら情報を発信しなければ、自社のことをわかってもらえる機会はなかなかできません。
企業や商品の知名度・認知度を上げるには、まず新聞・雑誌・テレビ・ウェブニュースなどのメディアに取り上げられることが有効です。
メディアの記者が記事を書いたり、取材をしたりするきっかけとなるのがプレスリリースです。
現在ではSNSで話題に登ることも多くの人に知られるきっかけですが、そうした場合でも発端はメディアの記事ということは多くあります。
そして現在では、プレスリリースを目にするのは記者だけではありません。とくにウェブで配信したプレスリリースは、一般消費者に直接届くものでもあります。

プレスリリースの効果

とはいえ、プレスリリースを出せば必ずメディアに取り上げられるわけではありません。むしろ、実際のところそうしたケースは多くありません。
なので、何度か配信してみたが効果がよくわからないのでやめた、というお話もしばしば耳にします。
しかし、プレスリリースで大事なのは、配信を続けることです。
単発ではなく、継続してプレスリリースを配信していくことで、検索などで人の目に入りやすくなり、つねに記事が出回っていることで自社に興味や関心を抱いてもらう機会が増えるのです。
また、プレスリリース配信は商品を大きくアピールする効果だけでなく、社会的意義の大きな内容であれば、企業のブランドイメージ向上という効果にもつながります。

広報効果測定・PR効果測定をもっと簡単に

課題に最適な使い方をご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。