ニュースサイトの
ページビュー

Qlipperではより本来の効果に近い数値をテクノロジーを利用してお客様に提供したいと強く考えています。
旧来の【記事数】の計測だけでなく【PV数】も提供することでPR効果をより正確に把握できる物となっております。

掲載記事数や広告換算値では測定できない本当のPR効果測定をぜひご体験ください。

1Qlipperの仮想ページビュー機能とは

仮想ページビューって何?

弊社が独自開発したページビュー算出エンジンにより、今までわからなかったポータルサイト、ニュースサイト、ネットメディアなどの記事毎のページビューを自動的に算出した物です。

ニュースサイトのページビューはどうやって調べているの

Qlipperでは国内3,000媒体以上のWEBメディアを常時モニタリングしております。モニタリングにより取得したサイト構造を基に独自エンジンが記事のページビューを予測して算出しています
また、PV数は平均値ではなく時間とともにリアルタイムに変化します。

2仮想ページビューでわかること

ニュースサイトに掲載された記事毎のPV数

旧来の紙媒体主体のPR活動では掲載記事数や広告換算を行うことが主流でした。紙媒体では記事の閲覧数が購買者数によってある程度担保できていました。しかし、ニュースサイトやネットメディアでは記事が掲載されたからといって閲覧されているかどうかわかりません。ニュースサイトのページビューを確認することによって実効性の高いPR戦略を立てるお手伝いができると考えています。

自社と相性のよいメディアの特定

総PV数が多いメディアに掲載されたからと言って必ずしも見られているとは限りません。ニュースサイトやネットメディアでは記事の内容と媒体のユーザー属性がマッチしていなければ読まれることはありません。またインターネットではポータルサイトなどに記事の転載が行われており自社の記事がどのサイトで読まれているかを把握する上でもページビューを知ることは重要です。

3炎上の検出、キャッチアップ

Qlipperの感情分析とメディアPV数

Qlipperでは感情分析を利用した話題の明るさ機能を搭載しています。仮想PV機能と話題の明るさ機能を利用して、記事数だけでは把握できなった炎上の発生をいち早く検出することができます。週刊誌報道やネガティブなスクープ記事の様な1記事のインパクトが大きい記事が掲載されてもPV数がわかれば察知することができます。

Twitter波及数とメディアPV数

Qlipperには記事が引用ツイートされた数を検出する機能が搭載されています。引用元の記事を特定してTwitterでの炎上の原因を特定することができます。Twitterの引用だけでなく、PV数がわかればTwitterにおいてどの程度のエンゲージメントを持っているかも予測できます。

広報効果測定・PR効果測定をもっと簡単に

課題に最適な使い方をご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。